• TOP
  • 【F1第13節|試合結果&順位】湘南が長野に快勝し暫定首位浮上!中断明け無敗対決の名古屋vsすみだはドロー決着
  • 2021.11.15

【F1第13節|試合結果&順位】湘南が長野に快勝し暫定首位浮上!中断明け無敗対決の名古屋vsすみだはドロー決着

11月13、14日にFリーグ2021-2022 ディビジョン1の6試合が各会場で行われた。

ロドリゴが2試合連続ハットトリックを達成

14日、中断明け無敗同士の対決となった名古屋オーシャンズとフウガドールすみだの試合が名古屋のホーム千種スポーツセンターで行われた。

試合は第1ピリオド開始から球際の激しい攻防となった。名古屋は何度もすみだゴールに迫るも、ゴレイロ石黒紘久の好セーブに阻まれ、得点を挙げることができない。第1ピリオド4分には名古屋の星翔太がペナルティエリア内で倒され、PKを獲得。これをペピータが蹴るも石黒が止めて得点を許さない。その後、一進一退の攻防が続いたが結局得点は生まれずにハーフタイムへ。

第2ピリオド開始4秒でペピータが決定機を迎えるも、これは枠外へと外れる。先制点が生まれたのは29分だった。石黒からのロングフィードを受けた荒牧太郎が左足でダイレクトボレー。これがサイドネットに突き刺さってすみだが待望の先制点を挙げる。

リードを許した名古屋は33分からパワープレーを開始する。すると、34分にペピータからのパスを星翔太が決めて同点に追いつく。その後も名古屋はパワープレーを続けたが、追加点を奪うことはできす、1-1の引き分けとなった。

同日に、ボアルース長野と湘南ベルマーレの一戦が長野のホーム・ことぶきアリーナ千曲で行われた。試合は11分に動く。ロドリゴが個人技でゴール前まで持ち上がってシュートを決めアウェイの湘南が先制する。しかし14分に長野の田村佳翔にゴールを決められて同点に追いつかれるが18分にキックインからロドリゴが決めて湘南がリードし第1ピリオドが終了。

第2ピリオドも先手を取ったのは湘南だった。27分にフリーキックの流れから最後は内村俊太が決めてリードを2点に広げる。30分、ホームで意地を見せてくる長野の松原祥太にコーナーキックからボレーシュートを決められ1点差に。しかし、36分にまたしてもフリーキックから最後は本田真琉虎洲が決めて再び2点差に。40分には鍛代元気のスーパーボレーシュート、同じく40分にロドリゴ2試合連続ハットトリックとなるゴールが決まって、湘南が勝利した。

今節の結果は以下のとおり

■試合結果

11月13日(土)

時間 カード 会場
11:00 バサジィ大分 3-2 ボルクバレット北九州 サイクルショップコダマ大洲アリーナ
13:15 バルドラール浦安 1-1 立川・府中アスレティックFC バルドラール浦安アリーナ
15:30 シュライカー大阪 1-1 Y.S.C.C.横浜 岸和田市総合体育館

11月14日(日)

時間 カード 会場
12:00 エスポラーダ北海道 2-1 ペスカドーラ町田 よつ葉アリーナ十勝
14:15 名古屋オーシャンズ 1-1 フウガドールすみだ 千種スポーツセンター
16:30 ボアルース長野 2-6 湘南ベルマーレ ことぶきアリーナ千曲

■順位表

1 湘南 29 9 2 2 50 25 25
2 名古屋 28 9 1 1 40 15 25
3 大分 22 6 4 3 40 35 5
4 大阪 21 6 3 3 37 23 14
5 すみだ 21 6 3 3 33 27 6
6 町田 17 5 2 4 36 32 4
7 横浜 15 4 3 5 26 27 -1
8 北九州 15 4 3 6 27 35 -8
9 立川・府中 14 4 2 6 23 34 -11
10 北海道 12 3 3 7 27 43 -16
11 浦安 9 2 3 6 27 36 -9
12 長野 1 0 1 12 18 52 -34

※第13節終了時点 名古屋、町田、浦安は2試合未消化、大阪、横浜、立川・府中、すみだは1試合未消化

次節試合日程

11月19日(金)

時間 カード 会場
17:15 ボルクバレット北九州 vs フウガドールすみだ アクシオン福岡
19:30 Y.S.C.C.横浜 vs ペスカドーラ町田 横浜武道館

11月20日(土)

時間 カード 会場
12:05 バサジィ大分 vs シュライカー大阪 サイクルショップコダマ大洲アリーナ
14:15 湘南ベルマーレ vs 名古屋オーシャンズ 小田原アリーナ
16:30 立川・府中アスレティックFC vs ボアルース長野 アリーナ立川立飛

11月21日(日)

時間 カード 会場
14:00 バルドラール浦安 vs エスポラーダ北海道浜 バルドラール浦安アリーナ

※ABEMA放送予定一覧はこちら